ページ移動は右上メニューボタンから

HOME > ご挨拶

ご挨拶

 
 

はじめまして。「うちだ痛みのクリニック」院長の内田と申します。
私は昭和58年に鳥取大学医学部を卒業後、大阪大学医学部麻酔科を始めとし開業までの19年間麻酔科医としてあらゆる手術麻酔を行ってきました。

麻酔科医として勤務する間にペインクリニック外来で数多くの痛み悩む患者さんの治療をさせていただきました。関東逓信病院ペインクリニック科(現NTT東日本関東病院)にて研修し更に技術を磨くこともできました。こうして幅広い痛みの患者さんの治療を行なえたのも、麻酔科での知識が大いに役立っております。内科でも外科でも整形外科でもない、しかしどの診療科の疾患も知っているそれが麻酔科でありペインクリニックなのです。
 
略歴
昭和58年鳥取大学医学部卒業 
大阪大学医学部麻酔科入局
大阪警察病院、母子保健総合医療センター、国立呉病院、市立豊中病院、西宮市立中央病院麻酔科関東逓信病院ペインクリニック科(現 NTT東日本関東病院)にて研修
2004年5月、南塚口に「うちだ痛みのクリニック」開院

2017年5月、南塚口2丁目の現クリニックに移転。
資格他
日本ペインクリニック学会認定医、評議員日本麻酔学会専門医日本胸腔鏡下交感神経遮断研究会幹事第14回日本胸腔鏡下交感神経遮断研究会(2008年10月25日開催)会長